DTFA Instituteについて

Our Mission

日本のあるべき未来を
構想し、創造する

今、世界は不確定要素と変動要因に満ち溢れ、未来を見通すことがとても難しくなっています。そんな時代だからこそ、まずはあるべき未来の姿を構想し、それを実現するための長期戦略を練りこみ、着実に実行していくという創造的アプローチが必要だと、私たちは考えています。DTFA Instituteは、M&Aなどによって企業の成長と再生を支援するデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)が母体となって始動。より良い未来への提言を発信するとともに、様々なステークホルダーとの協働・共創を促す触媒としての役割を果たしていきます。

Our Value

課題の発見から、未来の構想、
戦略の実装までをお手伝いします。

  • 01

    調査・研究

    最新のトレンドをキャッチし次に何が起こるのかを読む。

  • 02

    構想・提言

    あるべき未来を構想し今何をなすべきかを導き出す。

  • 03

    共創・実装

    戦略を実現するためクライアントとともに創り上げる。

Our Advantage

  • M&A

  • サイバー・
    危機管理

  • イノベーション・
    ベンチャー

  • IT・デジタル

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)は、「M&A・税務・財務」「サイバーセキュリティ・危機管理」「イノベーション・ベンチャー」「IT・デジタル」といった切り口で企業や官庁など数多くのクライアントの皆様にプロフェッショナル・サービスを提供しています。これらの知見と経験はいずれも、ありたい未来を創造するために欠かせないナレッジの源泉であり、強力なツールとなるのです。


Researchers

  • 前田 善宏 / Yoshihiro Maeda

    所長/主席研究員

    外資系コンサルティング会社、財務アドバイザリー会社を経て、現在のデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。電力、運輸、製造業をはじめとして多業種において、戦略、財務、M&A、再編等のアドバイザリー業務に従事。

    M&A・再編においては、事業性調査、シミュレーション、事業デューデリジェンス、オペレーショナルデューデリジェンス、持株会社化、PMI(企業統合・分割支援)を中心に、幅広く業務に従事。

  • 神薗 雅紀 / Masaki Kamizono

    フェロー

    デロイト トーマツ サイバー合同会社所属。大学時代に国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と共同研究に従事。2005年より大手ITメーカーにてインフラ専門SEとして、大規模システムの提案から設計・構築・運用に至るまで経験。

    2009年よりセキュリティ専門会社に入社し、サイバーセキュリティに関する製品開発や多数の大規模国家プロジェクトの研究員およびプロジェクトマネージャーを担当。同時に、緊急時のインシデントレスポンス対応も行う。また、国内外のセキュリティカンファレンスにて広く研究発表も行う。

    2015年より研究所を率いて新たなコア技術の研究開発や、サイバー攻撃の分析に従事。開発したソリューションのデリバリーや緊急時のインシデントレスポンス、インシデント検証委員なども担当。総務大臣奨励賞を受賞。

  • 西村 行功 / Michinari Nishimura

    主席研究員

    事業会社にてマーケティング戦略および全社経営戦略の策定に従事した後、米ミシガン大学にて経営学修士(MBA)を取得。戦略コンサルティング会社などを経て、株式会社グリーンフィールド コンサルティング(GFC)を設立。長年にわたり、シナリオ・プランニング、中長期事業戦略、新規事業・新商品開発戦略、企業変革、人材育成などの分野を中心に活動するほか、大手企業の人材育成プログラム・戦略研修講師も務める。150以上のシナリオプランニングプロジェクト、100以上の戦略プロジェクトを経験。

    2021年12月より、デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー合同会社にGFCの事業を承継し、コーポレートイノベーション統括パートナーに就任。

  • 三木 要 / Kaname Miki

    主席研究員

    エネルギーセクターリード、フォレンジック&クライシスマネジメントサービス統括。大手電力会社において、電源立地企画、経営計画策定、エネルギー事業・政策調査、法務業務など、エネルギー政策全般に幅広く対応。クライシス対応の経験も深く、巨額の損害賠償対応についてチームアップおよび制度の基本設計、マネジメントを統括し、マスコミ対応や官公庁折衝にも従事。その後、上場大手素材メーカーの事業企画部長として事業計画の立案・管理に従事し、管理業務の経験も有する。

    2015年にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に参画、デロイト トーマツ グループのエネルギー専門家、不正調査・危機対応専門家としてアドバイザリー業務に従事。

  • 水野 博泰 / Hiroyasu Mizuno

    編集長/主席研究員

    日経BPにて日経コミュニケーション、日経E-BIZ、日経ビジネスの記者・編集者・ニューヨーク支局長、グロービスにて広報室長、英字新聞ジャパンタイムズにて取締役・編集主幹、MM総研にて主幹研究員、東京都政策企画局にてオリンピック・パラリンピック海外戦略広報担当などを歴任。電気工学修士、経営学修士(MBA)。

    現在、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社にてシニアヴァイスプレジデント。メディア・広報の幅広い経験を活かし、DTFAインスティテュートの設立プロジェクトに参画。

  • 安村 和仁 / Kazuhito Yasumura

    主任研究員

    外資系信託、外資系証券、日系大手証券などを経てデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社入社。現職入社前は、公的年金や企業年金のポートフォリオ分析を皮切りに株式を中心とするリサーチ業務(クオンツ分析)に長く携わり、機関投資家に投資戦略を提案。現職入社後、AIラボラトリ設立プロジェクトに参画。M&A業務周辺を中心にAI新規ビジネスの調査/企画/分析業務に従事。経営学修士(MBA)。

  • 江田 覚 / Satoru Kohda

    主任研究員

    前職の時事通信社では経済部記者、ワシントン支局特派員として金融、M&A、経済外交を取材。編集委員、経済産業省キャップ、金融庁キャップとしてデジタル領域や産業構造の変革について執筆した。2022年7月にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社し、DTFAインスティテュート設立プロジェクトに参画。

  • 久光 孔世留 / Marcel Hisamitsu

    主任研究員

    政府系金融機関にて、欧州・新興国を中心とした海外経済や国際金融市場の分析のほか、関西を中心とした地域経済調査に従事。また、バーゼルIIIなどの国際金融規制策定やASEAN+3などの国際金融協力に関わる業務にも従事。2022年6月にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社し、DTFAインスティテュートに参画。経済学修士。

  • 酒井 綱一郎 / Koichiro Sakai

    客員研究員

    日経BPで日経ビジネス編集部長、日経ビジネス発行人を務めた。ほかに日経BP総合研究所長、日経BPコンサルティング社長、日本経済新聞社常務執行役員、日経BP副社長を歴任。

    生前のピーター・ドラッカー氏の薫陶を受け、専門領域はイノベーション、新事業開発。著書に『ドラッカーさんが教えてくれた経営のウソとホント』(日経ビジネス人文庫)、『真実を見極める力』(総合法令出版)などがある。TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!』のコメンテーターを20年以上務めている。

  • 細田 孝宏 / Takahiro Hosoda

    客員研究員

    大学卒業後、日経BP入社。経済・経営誌「日経ビジネス」、建築専門誌「日経アーキテクチュア」、日本経済新聞社・東京編集局証券部で記者として活動した後、2011年、日経BPニューヨーク支局長。帰任後、2015年、日本経済新聞社・東京編集局企業報道部次長、2017年、日経ビジネス副編集長、2020年から読者向けオンラインセミナー「日経ビジネスLIVE」の立ち上げ編集長としてコンテンツ責任者を務める。

  • 河瀬 章史 / Akifumi Kawase

    主任研究員

    大手監査法人にて製造業企業を中心に、会計監査業務の現場責任者、プロジェクトマネジャーを担当。デロイト トーマツ ベンチャーサポートでは、全国でのイベント開催運営、官公庁案件におけるスタートアップ支援事業のプロジェクトマネジメントを多数担当するとともに、自社の会計・経理、予算管理を含む組織の経営管理業務、品質管理業に従事。

  • 寺尾 宣彦 / Nobuhiko Terao

    主任研究員

    日系コンサルティング会社、大手通信会社を経て現在のデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。現職入社前は、自然言語技術、音声認識技術などテクノロジーを用いたマーケティング支援や新規ビジネス立上コンサルティング業務、また米国パーソナルロボットベンチャーやワイヤレス給電企業など海外Tech系ベンチャーの日本進出支援を実施。現職入社後は、AIラボラトリを立ち上げM&A業務周辺を中心にAI新規ビジネスの調査/企画/開発業務に従事。